火災保険は火災だけではなく、自然災害による損害も補償する保険です。

MENU

自然災害時におりる保険

自然災害時におりる保険の種類と特徴

自然災害による損害は主に火災保険で対応します。
地震については火災保険への加入だけではありません。地震保険は火災保険とセット加入することが義務付けられています。
火災保険は、火災、水災、風災など項目別に分かれているので、自然災害の内容をカバーできる補償プランで加入している必要があります。
基本概念は損害額の実費相当の保険金支給ですが、特約によって残存物片付け費用や、仮住まいなどを含めた臨時費用まで幅広く保険金が支払われるケースもあります。

 

 

 

火災保険の種類と範囲

 

火災保険の基本補償は以下の項目に分類されています。

 

・火災リスク(火災、落雷、破裂爆発、放火など)
・水災リスク(洪水、集中豪雨、高潮、土砂災害など)
・風災リスク (風災、ひょう災、雪災など)
・自然災害以外のリスク (盗難、破損、汚損、騒じょう、水濡れなど)

 

 

一昔前は火災、水災、風災の3つの自然災害リスクは火災保険で必須になっていることが多かったです。
火災保険に加入する以上、火災は必須になりますが、水災や風災を外すなどカスタマイズ性の高い保険商品が増えています。

 

また、火災による損害でも出火原因が地震の場合は、地震保険に加入していないと保険はおりません。
津波についても地震が発生原因の場合は地震保険への加入が必須です。
火災保険は、自然災害以外にも建物や家財に関連した損害リスクを幅広く補償しています。
火災共済の場合は、火災共済と自然災害共済による2つの共済に細分化されているタイプもあります。

 

 

 

主要な特約

 

火災保険は住宅や住人に関連した幅広い特約が用意されています。
数ある特約の中でも多くの保険会社が採用している自然災害関連の特約をまとめました。

 

臨時費用特約(臨時費用保険金)
災害を受けて保険金請求する際に、損害保険金とは別に、臨時費用でかかった部分を補償するもの。
ホテルや仮住まいの費用をはじめ、普及や一時的な対処でかかった費用を幅広くカバーします。契約内容で上限や損害保険の支払額に応じたパーセンテージなどの条件が変わってきます。

 

 

類焼損害特約
火災の起こった場合は、近隣の家に燃え移っても法的に賠償する必要はなく、各世帯が自分の加入している火災保険で対応するルールになっています。
しかし、法的に賠償責任がなくても、自分の家が火元で近所の家も燃えてしまい、被害を受けた家が火災保険未加入だと、近所付き合いで大きなトラブルに発展するリスクがあります。
類焼損害特約は、近隣の家に燃え移って、その家が火災保険未加入もしくは損害を100%補償されない場合に火元になった家の火災保険で補償する特約です。

 

 

残存物取片づけ費用特約(保険金)
損害を受けた保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用で、実際にかかった費用を補償します。特約ではなく火災リスクの補償とセットになっていることもあります。

 

 

借家人賠償責任特約(保険)
賃貸住宅の借り手が自然災害や火災などで建物に損害を与えた際に、大家に対して建物の損害だけではなく家賃保証を含めた損失の賠償補償をする保険。
賃貸入居時は借家人賠償責任保険を目的に火災保険への加入が必須になることが多いです。

 

 

不安があれば火災保険の見直しを

保険の見直しについて説明を聞く男性

火災保険に加入していても建物や家財の設定金額や補償プラン、免責設定によっては手厚い補償を受けられない場合があります。
火災保険とは別に家財保険に加入しておかないと家具や家電の再調達費用は補償されません。

 

また、支払われる保険金は上限金額ではなく損害を受けた実費および、損害を受けた建物や家財の価値から算出されます。
高額な保険金設定にしていても、評価額を上回る設定だと意味がなく無駄な保険料を払っていることになります。
自然災害が増えているので、長年火災保険の見直しを行っていない方は、専門知識のある代理店やコールセンターのスタッフと相談しながら火災保険の見直しをしてみてください。