This page:防災ナビ TOP > 防災グッズ > 飲料水

飲料水

飲料水は全ての基本です。

身近なもので飲み水を作る〜その2〜

家屋の倒壊で保存していた飲み水が使えない。また、出先で災害に見舞われてしまった。
いつどこで災害に見舞われるか誰にも予測がつきません。
いざという時に備えて、身近なもので飲み水を作る方法を覚えておきましょう。

【雨水、泥水、濁水から飲料水を作る
ペットボトル小石(焚き火かす)、ガーゼがあれば、一度地面についた雨水や泥水、濁水からも飲料水を作ることができます。
まず、ペットボトルの底を切り取り注ぎ口が下向きとなるように逆さまにします。次に、小石、炭、砂、ガーゼの順にペットボトルに詰めキャップに小さな穴を開け、雨水や泥水、濁水を入れます。
ガーゼがない場合は薄い布(毛糸、バンダナなでも可)キャップが無い場合はティッシュを代用してもできます。溜まった水は10分ほど煮沸すると雑菌も死んで、飲用水になります。

飲み水にする】
雪は飲料水をつくる上で一番、簡単といえるかもしれません。
ボールや鍋にの塊を入れ、湧きあげると飲料水のできあがりです。湧かす時は、蒸発して湯気にするともったいないですので蓋(無い場合はアルミ箔などあれば利用しにして)をして、煮沸しましょう。
また、雪があるという事は、当然ながら寒さも厳しいですので、煮沸する際のマッチやライター、火をおこす貴重な材料を使い切ってしまうことの無いよう気をつけて行いましょう。

【日頃から飲料水の作り方を学びましょう】
ライフラインが断たれたとき、困るのが食料よりまず、トイレと言われます。
日頃から避難用具、防災用具を準備しておいてもいつ、どこで災害に見舞われるかわかりません。
学校、職場、あらゆる場所で起こり得るのです。どんな状況の時であっても、その場にあるもので飲み水を作れるよう、いざという時にパニックを起こさないよう 、日頃から家族や職場で防災意識を高め
料水の作り方
を繰り返し覚えていくのが非常時にとても役立つ事でしょう。

身近なもので飲み水を作る〜その1〜

家屋の倒壊で保存していた飲み水が使えない。出先で災害に見舞われてしまった。
いつどこで災害に見舞われるか誰にも予測がつきません。
いざという時に備えて、身近なもので飲み水を作る方法を覚えておきましょう。

【身近なもので飲み水を作る
ライフラインが絶たれた状況で水を確保するのは容易な事ではありません。
しかし、飲み水さえ確保できれば、ライフラインが復旧するまでの間、多くの不便生活が緩和されます。子供から大人、お年寄りまで、いざという時に備えて、身近なものを飲み水に変える知恵と方法を身につけておきたいですね。
自分がその状況に遭遇してしまったものとして、可能と思われる飲み水の作り方をぜひ、今のうちに覚えておきましょう。

【晴れた日の朝/朝露飲み水を集める
晴れた日の早朝であれば草についた朝露を集めましょう。
集め方としては、ひざ下に、きれいな、または汚れの少ない布(水を吸収しやすい物)を巻き付け歩き回ります。朝露に濡れた草むらを歩き回ることで布に染みこんだ水を絞り、容器に入れていきます。
大人であればおよそ30分で500ml程度の水が溜まります。
しかし、実際の場合は、怪我や病気、空腹なども予想されますので体力消耗の度合いをみて動くことが必要です。

【雨の日/雨水飲み水を集める】
雨水は一度、地面に触れてしまうと浄化しなくてはなりません。このため雨水を集める際は、地面に触れないようバケツ、鍋、洗面器など受け口が広く深い道具を使うと良いでしょう。
また、テントビニルシートなどがあれば四方を木や壁にくくり、たるみを持たせて真ん中に水がたまるようにすれば一度に大量の水が集められトイレ用の水なども確保できます。更に、雨上がりであれば木の葉や枝の雫を揺すってシートに落とすと早く大量の水を確保でき、体力の消耗も少なくて済みます。

防災用の水を準備しましょう

ご家庭の飲料水の保存期限は大丈夫でしょうか。
非常時に備えて準備している飲料水の保存期限が切れていては非常時に役立ちません。逆に腐食した菌で腹痛、伝染病を起こしかねません。
非常用には長期保存型の飲み水を確保しておきましょう。

【命をつなぐ
いつどこで災害に見舞われるか、それは誰しもわかりません。
電気、ガス、水道が止まり、道路は寸断され食料も絶たれる。そのような不測の事態が起きても、さえあれば人間は数週間生き延びれる事が医学的にも実証されています。
しかし、これはあくまでも安全な水の場合であって泥水や海水などは直接の飲料水には使えません。では、給水車が到着するまで、また水道が復旧するまでの間、飲料水を始めとする水はどのようにして確保すれば良いのでしょう。

災害時に必要な水の量】
水は飲料水だけでなく、調理、洗顔、手洗い、排便時の廃水などあらゆる状況で必要となります。また、怪我をしていれば、傷口を清潔に保つためにも使われます。
これらを総合すると、一人当たり30リットルは水が必要とされています。しかし、当然の事ながら避難時に30リットルの水を抱えて逃げる事は出来ません。
給水車の到着やライフライン復旧メドとなる3日間の飲み水だけでも確保できるよう、日頃から家庭での飲料用水の保存を心掛けておくことが必要です。

長期保存の利くを準備する】
万が一に備えたの確保は常に必要です。
家庭でできる水の保存としては風呂場ポリタンク、大きめの容器など常に水を蓄えておくと良いでしょう。しかし、これらの水は長期保存に向きません。こまめに、変え水をしないと、いざという時に腐っていた、菌が発生していたでは伝染病や腹痛の原因にもなります。
非常時用の飲料水、保存水としては5年〜6年といった長期保存型の水を買い置きしておくのが良いでしょう。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001